ブックメーカー オーバーアンダー

スポーツごとに異なるブックメーカーのオーバーアンダー

ブックメーカーでのオーバーアンダー賭けは、様々なスポーツで見られる一般的な形式ですが、スポーツの種類によって予想される対象が大きく異なります。しかし、この賭けの種類は世界でも人気であり、いろんな選択肢からオーバーアンダーを予想することが出来るようになっています。

チームスポーツでは、オーバーアンダー賭けは主に試合の総得点に基づいて行われます。サッカー、バスケットボール、野球などのスポーツがこれに該当します。ブックメーカーは試合前に基準点となる得点を設定し、賭け手は実際の試合の総得点がこの基準点を上回るか下回るかを予測します。

この的中率を上げるためには両チームの過去の対戦を分析して得点傾向を探ります。怪我人情報やチームの疲労度をチェックします。また、新しい戦術やフォーメーションの変更が得点にどう影響するか考慮します。天候や場所の影響、特にアウトドアスポーツで重要な要素です。

特定の選手のパフォーマンスに関するオーバーアンダー賭けも行われます。これは、選手が試合中に記録する得点数、アシスト数、リバウンド数など、特定の統計に対する賭けです。これにより、チーム全体ではなく、個々の選手のパフォーマンスに焦点を当てることができます。

しっかりと個人選手の場合には、直近のパフォーマンスや健康状態を評価します。また、その選手がどのような相手に対してどういうパフォーマンスを見せるかを分析します。試合の進行によって選手の利用法が変わることがあります。

ブックメーカー

格闘技、特にボクシングや総合格闘技では、ラウンド数に基づいたオーバー・アンダー賭けが一般的です。ここでは、試合が設定されたラウンド数を超えるかどうか、またはそれ未満で終了するかを予測します。これには、KOやTKO、サブミッションでの試合終了が含まれます。

選手が攻撃的か守備的か、早期終了を狙うか長期戦を戦略とするか。過去の戦いでどれくらいのラウンドで試合が終了しているか。トレーニングキャンプのニュースや体重管理の状況などが手がかりになります。

オーバーアンダー賭けでは、単に勝敗を予測するのではなく、試合のどういう展開になるかを深く分析することが求められます。このため、チームスポーツ、個々の選手のパフォーマンス、格闘技のラウンド数といった各スポーツの特性を理解し、試合前の準備として多角的な情報を集めることが重要です。成功するためには、情報を正確に解釈し、的確な判断を下すことがカギとなります。